固定資産税の軽減措置をお考えの方はお急ぎください!! 年内の経営力向上計画認定について

<経営力向上計画とは>
人材育成、コスト管理のマネジメントの向上や設備投資等、経営力を向上させるための取組内容等を記載した事業計画(「経営力向上計画」)のことです。計画の認定を受けた事業者は、固定資産税の軽減措置(3年間1/2に軽減)や、金融支援等(低利融資、債務保証等)の特例措置を受けることができます。

固定資産税の特例について

中小企業者等が、2017年4月1日から2019年3月31日までの期間内に、経営力向上計画に基づき一定の設備を新規取得した場合、固定資産税が3年間にわたって2分の1に軽減されます。

<一定の設備とは?>
下の表の対象設備のうち、以下の2つの要件を満たすものです。

  1. 一定期間内に販売されたモデル(最新モデルである必要はありません)
  2. 経営力の向上に資するものの指標が旧モデルと比較して年平均1%以上向上している設備

対象設備

用途または細目

最低価額

販売開始時期

機械装置

全て

160万円以上

10年以内

工具

測定工具および検査工具

30万円以上

5年以内

器具備品

全て

30万円以上

6年以内

建物附属設備

全て

60万円以上

14年以内

年末にかけての経営力向上計画の申請について

経営力向上計画に基づく固定資産税軽減措置を利用する場合は、 遅くとも固定資産税の賦課期日(1月1日)前までに経営力向上計画の認定を受ける必要があります。 12月に入ってからの申請は、年内に認定が得られない可能性がありますので、特に注意が必要です。

経営力向上計画は提出が認定までに通常でも「約30日間」の時間を要します。 年内に取得した設備に関して翌年から固定資産税の軽減措置を受けたい場合には、遅くても12月1日までに経営力向上計画を作成し、所管大臣へ提出する必要がございます。 なお、認定日が1月1日以降となった場合は、固定資産税の半減期間が「3年」ではなく「2年」となります。

事務所通信

2018.05.16
経営者交代による事業承継後の新しい取組が支援されます!!事業承継補助金(後継者承継支援型)
2018.05.16
平成30年4月27日以降に創業される方は必見!!地域創造的起業補助金
2018.04.12
ITツールの導入を検討中の経営者様は必見!! IT導入補助金 (平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)
2018.04.12
販路開拓等の取り組みに対し上限50万円の補助金が支給されます!小規模事業者持続化補助金 (平成29年度補正予算)
2018.03.15
最大1,000万円が支給される「ものづくり補助金」の申請時に加点されます!! 経営力向上計画
2018.03.15
最大1,000万円の大規模補助金が今年度も公募開始されました!! ものづくり補助金 (ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金)
2018.02.15
M&Aを通じた事業承継への支援策が新設されます!!事業承継税制
2018.02.15
平成30年度税制改正のポイントを解説します!!所得拡大促進税制
2018.01.15
2018年の補助金情報をチェックしましょう! 平成29年度 補正予算案の概要
2018.01.15
【速報】次回の公募の概要が発表されました!! ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業)

事務所通信へ

TEL: 048-835-3311

お問い合わせ

ページ先頭に戻る

お問い合わせ

TEL: 048-835-3311

お悩み別カテゴリ

事務所案内

さいたま税理士法人

さいたま税理士法人

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤
4丁目16番2号
TEL: 048-835-3311
FAX: 048-826-0610

サービスエリア

さいたま市
(浦和区、大宮区、
中央区、桜区、北区、
西区、南区、見沼区、
緑区、岩槻区)
川越市、川口市、
所沢市、上尾市、
越谷市、蕨市、戸田市
ほか埼玉県全域

東京都(23区)ほか
関東一円
(※ご相談に応じます)

さいたま相続相談センター

会員専用ページログイン