販路開拓等の取り組みに対し上限50万円の補助金が支給されます!小規模事業者持続化補助金 (平成29年度補正予算)

<持続化補助金とは?>
小規模事業者が経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が支給される制度です。計画の作成や販路開拓の実施の際には、商工会議所の指導・助言を受けられます。

公募期間

平成30年3月9日(金)~平成30年5月18日(金)当日消印有効

今年度の補助額

補助上限額 補助率 備考
50万円 2/3以内
  • 75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円を補助します。
  • 75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。

補助対象者

~小規模事業者の定義~

業種 常時使用する従業員の数
卸売業・小売業 5人以下
サービス業 5人以下
宿泊業・娯楽業 20人以下
製造業その他 20人以下

補助対象経費

①機械装置等費
②広報費
③展示会等出展費
④旅費
⑤開発費
⑥資料購入費
⑦雑役務費

⑧借料
⑨専門家謝金
⑩専門家旅費
⑪車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)
⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)
⑬委託費
⑭外注費

対象となる事業例

  • 新商品を陳列するための棚の購入
  • 新たな販促チラシの作成、送付
  • ネット販売システムの構築
  • 倉庫管理システムのソフトウェアを購入
  • POSレジソフトウェアを購入
  • 経理、会計ソフトウェアを購入

など

事務所通信

2019.02.13
公募開始前に補助金情報を先取りしましょう!! 2019年注目すべき補助金
2019.02.13
固定資産税の軽減措置は2019年3月31日をもって終了します!! 経営力向上計画
2019.01.15
平成31年度の税制改正ポイントを解説します!! 税制改正大綱について
2019.01.15
2019年公募予定の補助金概要が予告発表されました!!ものづくり・サービス補助金(平成30年度補正予算 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業)
2018.12.19
2018年9月30日時点で14,272件が認定を受けました!!先端設備等導入計画
2018.12.19
2025年頃までに約650万人の雇用が失われる可能性があります 事業承継対策について
2018.12.04
固定資産税軽減措置を利用する場合は年内の認定が必要です!!経営力向上計画
2018.12.04
給与支給額を増加させた場合に法人税(もしくは所得税)が控除されます!! 所得拡大促進税制
2018.10.15
「配偶者控除」「配偶者特別控除」の改正により年末調整が変わります。年末調整の変更点について
2018.10.15
2018年最後のチャンス!!3次公募は11月19日締切!!IT導入補助金(3次公募)

事務所通信へ

TEL: 048-835-3311

お問い合わせ

ページ先頭に戻る

お問い合わせ

TEL: 048-835-3311

お悩み別カテゴリ

事務所案内

さいたま税理士法人

さいたま税理士法人

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤
4丁目16番2号
TEL: 048-835-3311
FAX: 048-826-0610

サービスエリア

さいたま市
(浦和区、大宮区、
中央区、桜区、北区、
西区、南区、見沼区、
緑区、岩槻区)
川越市、川口市、
所沢市、上尾市、
越谷市、蕨市、戸田市
ほか埼玉県全域

東京都(23区)ほか
関東一円
(※ご相談に応じます)

さいたま相続相談センター

会員専用ページログイン