事業収入の減少幅に応じて固定資産税が減免されます 固定資産税の減免措置

<固定資産税の減免措置について>
新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者の2021年度の固定資産税・都市計画税が減免される制度をご存じでしょうか。中小企業・小規模事業者の税負担を軽減するため、事業収入の減少幅に応じてゼロまたは1/2に減免されます。

制度概要

令和2年 2 月~ 10 月までの連続する任意の 3 か月間の売上高と前年同期間を比べ、 売上減少率に応じて償却資産や事業用家屋に係る令和3年度の固定資産税 ・ 都市計画税が減免されます。

「事業用家屋」 とは、 非居住用家屋であって、 一般的には工場などの事業用の建屋等をいいます。
土地はこの制度の対象外なのでご注意ください。

手続きの流れ

この制度を受けるためには、 まず認定経営革新等支援機関(当事務所)に売上減少等の確認を依頼してください。
認定経営革新等支援機関(当事務所)は、 会計帳簿等で確認します。

対象となる事業者

本措置の対象となる「中小企業者・小規模事業者」とは以下の通りです。

  • 資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人
  • 資本又は出資を有しない法人又は個人は従業員1000人以下の場合

ただし、大企業の子会社等(下記のいずれかの要件に該当する企業)は対象外となります。

① 同一の大規模法人から2分の以上の出資を受ける法人
② 以上の大規模法人から3分の2以上の出資を受ける法人


事務所通信

2020.12.15
2次公募採択結果 経営資源引継ぎ補助金
2020.12.15
ご存知ですか? 固定資産税等の軽減措置
2020.11.30
追加公募が発表されました! IT導入補助金
2020.11.30
「コロナ特別対応型(第3回締切分)」の採択結果公開中! 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)
2020.10.28
3次締切分の採択結果が発表されました! ものづくり補助金
2020.10.28
10月1日から2次公募開始しています! 経営資源引継ぎ補助金
2020.09.30
高い採択率で小規模事業者が支援されます 小規模事業者持続化補助金
2020.09.30
指定期間が延長されました(2020年12月1日まで) セーフティネット保証4号
2020.08.31
事業収入の減少幅に応じて固定資産税が減免されます 固定資産税の減免措置
2020.08.31
7月13日より新しい補助金が公募開始しています! 経営資源引継ぎ補助金

事務所通信へ

TEL: 048-835-3311

お問い合わせ

ページ先頭に戻る

お問い合わせ

TEL: 048-835-3311

お悩み別カテゴリ

事務所案内

さいたま税理士法人

さいたま税理士法人

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤
4丁目16番2号
TEL: 048-835-3311
FAX: 048-826-0610

サービスエリア

さいたま市
(浦和区、大宮区、
中央区、桜区、北区、
西区、南区、見沼区、
緑区、岩槻区)
川越市、川口市、
所沢市、上尾市、
越谷市、蕨市、戸田市
ほか埼玉県全域

東京都(23区)ほか
関東一円
(※ご相談に応じます)

さいたま相続相談センター

会員専用ページログイン