平成31年10月からの実施に向けて準備しましょう!消費税の軽減税率制度

<軽減税率制度とは?>
平成31年10月1日に予定されている消費税の引き上げと同時に実施されます。通常の消費税率は10%となりますが、酒類・外食を除く飲食料品、週2回以上発行される新聞などは消費税率が8%となります。品目ごとに税率が変わることになりますので、事業者の皆さまは事前準備が必要となります。

対象となる品目について

軽減税率の対象品目は次のとおりです。
なお、軽減税率対象品目の税率は8%です。(標準税率は10%)

  1. 飲食料品(酒類・外食は含まれません)
  2. 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

必要な対応について

事業者の対応が必要となる事項には「商品管理」に関するものと「申告・納税」に関するものがあります。

商品管理に関する準備

自社の商品の中に軽減税率の「対象品目」と「対象外品目」が混在する場合は、以下の準備が必要です。

  1. 個々の商品の適用税率を把握しておく
  2. 複数税率に対応したレジの導入やシステムの改修等

レジの導入・システム改修等支援

平成31年10月からの制度実施にあたり、8%と10%という複数の税率に対応できる「複数税率対応レジ」を購入する場合、費用の一部は、中小企業庁が補助することとなっています。
導入済みのレジを改修する費用も助成されます。また、電子的な受発注システムの改修などに対する支援も行われます。

<複数税率対応レジの導入支援>

  • 対 象 者 :中小の小売事業者等
  • 補 助 率 :2/3(条件により1/2~3/4に変動)
  • 補助上限:レジ1台あたり20万円。1事業者あたり上限は200万円。

<受発注システムの改善等支援>

  • 対 象 者 :中小の小売・卸売事業者等
  • 補 助 率 :2/3
  • 補助上限:最大1,000万円(卸売の受注システムの場合は150万円)

事務所通信

2018.05.16
経営者交代による事業承継後の新しい取組が支援されます!!事業承継補助金(後継者承継支援型)
2018.05.16
平成30年4月27日以降に創業される方は必見!!地域創造的起業補助金
2018.04.12
ITツールの導入を検討中の経営者様は必見!! IT導入補助金 (平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)
2018.04.12
販路開拓等の取り組みに対し上限50万円の補助金が支給されます!小規模事業者持続化補助金 (平成29年度補正予算)
2018.03.15
最大1,000万円が支給される「ものづくり補助金」の申請時に加点されます!! 経営力向上計画
2018.03.15
最大1,000万円の大規模補助金が今年度も公募開始されました!! ものづくり補助金 (ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金)
2018.02.15
M&Aを通じた事業承継への支援策が新設されます!!事業承継税制
2018.02.15
平成30年度税制改正のポイントを解説します!!所得拡大促進税制
2018.01.15
2018年の補助金情報をチェックしましょう! 平成29年度 補正予算案の概要
2018.01.15
【速報】次回の公募の概要が発表されました!! ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業)

事務所通信へ

TEL: 048-835-3311

お問い合わせ

ページ先頭に戻る

お問い合わせ

TEL: 048-835-3311

お悩み別カテゴリ

事務所案内

さいたま税理士法人

さいたま税理士法人

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤
4丁目16番2号
TEL: 048-835-3311
FAX: 048-826-0610

サービスエリア

さいたま市
(浦和区、大宮区、
中央区、桜区、北区、
西区、南区、見沼区、
緑区、岩槻区)
川越市、川口市、
所沢市、上尾市、
越谷市、蕨市、戸田市
ほか埼玉県全域

東京都(23区)ほか
関東一円
(※ご相談に応じます)

さいたま相続相談センター

会員専用ページログイン