令和5年2月決算企業までが対象!人材確保等促進税制

人材確保等促進税制とは
新卒・中途採用による外部人材の獲得や人材育成への投資を積極的に行う企業に対し、新規雇用者給与等支給額の一定割合を法人税額又は所得税額から控除します。

人材確保等促進税制の概要

新型コロナウイルス感染症が経済や社会に甚大な影響を及ぼす中、ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた企業の経営改革の実現に向け、新卒・中途採用による外部人材の獲得や人材育成への投資を積極的に行う企業に対し、法人税等の税額控除措置が講じられます。

人材確保等促進税制の概要

適用対象は?適用対象は? 青色申告書を提出する全企業

適用期間は?適用期間は? 令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に開始する各事業年度

通常要件の詳細

●新規雇用者給与等支給額が、前年度より%以上増えていること

通常要件の詳細

(要件の適用判定の計算例)

●1人当たりの新規雇用者給与等支給額は同じだが、採用人数が増加するケース
・新規雇用者比較給与等支給額:1億3500万円(=450万円×30人)
・新規雇用者給与等支給額:1億4400万円(=450万円×32人)

通常要件の詳細

ポイント

  1. 本制度の適用を受けるためには、 法人税の申告の際に、確定申告書等に、適用額明細書並びに税額控除の対象となる控除対象新規雇用者給与等支給額、控除を受ける金額及びその金額の計算に関する明細書を添付する必要があります。
  2. 所得拡大促進税制との併用はできません。所得拡大促進税制の適用もご確認ください。

  3. 本制度は令和5年2月決算企業までが対象となります。令和5年3月以降の決算企業は賃上げ促進税制をご検討ください。

事務所通信

2023.01.30
中小企業・小規模事業者等関連 令和4年度補正予算まとめ
2023.01.30
3月決算から適用開始! 賃上げ促進税制
2022.12.13
2023年も引き続き行われます!ぜひご検討ください!ものづくり補助金
2022.12.13
2024年1月から対応が必須!これから対応すべきこと 電子帳簿保存法改正
2022.11.17
2023年3月まで期限!押さえておきたい融資制度 伴走支援型特別保証制度
2022.11.17
第10回受付締切分の受付開始!小規模事業者持続化補助金
2022.10.17
第6回公募採択結果が発表・緊急対策枠が追加されました!事業再構築補助金
2022.10.17
売り手も買い手も双方に適用されるインボイス制度 対策準備は大丈夫でしょうか?
2022.09.26
建物・機械の設備投資も法人税の特別償却の対象に!地域経済牽引事業計画
2022.09.26
新枠追加!最大補助額100万円!IT導入補助金

事務所通信へ

TEL: 048-835-3311

お問い合わせ

ページ先頭に戻る

お問い合わせ

TEL: 048-835-3311

お悩み別カテゴリ

事務所案内

さいたま税理士法人

さいたま税理士法人

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤
4丁目16番2号
TEL: 048-835-3311
FAX: 048-826-0610

サービスエリア

さいたま市
(浦和区、大宮区、
中央区、桜区、北区、
西区、南区、見沼区、
緑区、岩槻区)
川越市、川口市、
所沢市、上尾市、
越谷市、蕨市、戸田市
ほか埼玉県全域

東京都(23区)ほか
関東一円
(※ご相談に応じます)

さいたま相続相談センター

会員専用ページログイン