売り手も買い手も双方に適用されるインボイス制度 対策準備は大丈夫でしょうか?

<インボイス制度とは>
インボイス制度(適格請求書保存方式)とは、適格請求書(インボイス)と仕入税額控除に関するルールを定めた制度です。
軽減税率の導入に続き、2023年10月に導入されます。
インボイス制度が始まると、買手が消費税の仕入税額控除を行うとき、売手が交付した適格請求書の保存をしなければいけません。

インボイス制度のポイント

  • 適格請求書発行事業者は消費税及び地方消費税の申告義務が生じる
  • 適格請求書発行事業者だけが仕入税額控除できる

適格請求書発行事業者になるべき事業者

準備ポイントは3つ

導入経費を抑えるためのおすすめ公的制度①

IT導入補助金

インボイス制度の対応を見据えた会計ソフト等のITツール導入をこれまで以上に促進するため、補助率の引き上げ、クラウド利用料の2年分の補助を実施する予定です。最大350万円のITツール導入補助に加えて、PC、タブレット、レジ等の購入も支援するとしています。

インボイス枠を使ったおすすめ公的制度②

小規模事業者持続的発展支援事業(持続化補助金)

持続化補助金は小規模事業者が経営計画を策定して取り組む販路開拓等を補助するもので、「インボイス枠」として、免税事業者から適格請求書発行事業者(インボイス発行事業者)に転換する場合、補助上限額が100万円に引き上げられます。補助率は2/3です。

インボイス制度に対応するにあたり、必要に応じて請求書の作成システム、受発注システム等の改修が必要になることもあるでしょう。
制度導入にかかるコストをできるだけ少なくするために、こうした補助金制度を上手に活用することをおすすめします。

事務所通信

2023.01.30
中小企業・小規模事業者等関連 令和4年度補正予算まとめ
2023.01.30
3月決算から適用開始! 賃上げ促進税制
2022.12.13
2023年も引き続き行われます!ぜひご検討ください!ものづくり補助金
2022.12.13
2024年1月から対応が必須!これから対応すべきこと 電子帳簿保存法改正
2022.11.17
2023年3月まで期限!押さえておきたい融資制度 伴走支援型特別保証制度
2022.11.17
第10回受付締切分の受付開始!小規模事業者持続化補助金
2022.10.17
第6回公募採択結果が発表・緊急対策枠が追加されました!事業再構築補助金
2022.10.17
売り手も買い手も双方に適用されるインボイス制度 対策準備は大丈夫でしょうか?
2022.09.26
建物・機械の設備投資も法人税の特別償却の対象に!地域経済牽引事業計画
2022.09.26
新枠追加!最大補助額100万円!IT導入補助金

事務所通信へ

TEL: 048-835-3311

お問い合わせ

ページ先頭に戻る

お問い合わせ

TEL: 048-835-3311

お悩み別カテゴリ

事務所案内

さいたま税理士法人

さいたま税理士法人

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤
4丁目16番2号
TEL: 048-835-3311
FAX: 048-826-0610

サービスエリア

さいたま市
(浦和区、大宮区、
中央区、桜区、北区、
西区、南区、見沼区、
緑区、岩槻区)
川越市、川口市、
所沢市、上尾市、
越谷市、蕨市、戸田市
ほか埼玉県全域

東京都(23区)ほか
関東一円
(※ご相談に応じます)

さいたま相続相談センター

会員専用ページログイン